北部九州の発展とともに成長してきた麻生

創業者 麻生太吉
創業者 麻生太吉

麻生グループは、1872年(明治5年)、創業者 麻生太吉 が目尾(しゃかのお)御用炭山を採掘し石炭産業に着手したことにその端を発しています。

初期の麻生は、国家の産業基盤づくりを使命に、筑豊の、そして北部九州の発展とともに成長しました。明治・大正・昭和初期と筑豊有数の炭鉱主として、石炭の他に銀行、電力、鉄道、病院、セメント事業など幅広く事業展開してきました。

戦後、石炭からセメント事業に転換した麻生グループは、社会資本の基盤づくりを新たな使命に事業展開し、現代のサービス社会を支える事業にも多角的に参画してきました。

おかげさまで、今ではセメント及び生コン製造販売事業の他、日本でも屈指の規模と質を誇る民間病院(飯塚病院)を核とした健康・医療・福祉関連事業、日本有数の総合専門学校(麻生塾)を中心とする教育人材関連事業、九州最大の規模を持つ人材派遣関連事業、コンピュータ・ソフト開発関連事業、建設・商社関連事業、地域開発関連事業、環境関連事業など幅広い分野で社会に貢献するグループ各社は79社を数えるに至り、筑豊地域の企業グループから福岡県のそして九州を代表する企業グループに成長してきました。

  • 明治
  • 05年(1872)創業 麻生太吉、目尾御用山にて石炭採掘事業に着手
  • 20年頃「麻生商店」の名称発生(当時は個人組織)
  • 29年(1896)嘉穂銀行創立
  • 30年(1897)九州鉄道株式会社創立
  • 41年(1908)嘉穂電灯株式会社創立(送電開始は明治43年)
  • 44年(1911)飯塚病院(麻生炭坑病院)竣工(病床数120)
  • 大正
  • 02年(1913)麻生太吉、九州水力電気株式会社取締役就任
  • 03年(1914)麻生商店本社社屋竣工(旧本社)
  • 06年(1917)九州産業株式会社創立、石灰石採掘と石灰製造開始
  • 07年(1918)麻生商店を株式会社組織とし、麻生太吉社長就任
  • 07年(1918)飯塚病院社内診療開始
  • 08年(1919)九州産業鉄道株式会社創立、九州産業株式会社を買収
  • 09年(1920)飯塚病院(私立飯塚病院に改称)を一般に診療開放
  • 11年(1922)麻生太吉、九州産業鉄道株式会社社長就任
  • 昭和
  • 03年(1928)麻生家家訓「程度大切、油断大敵」を創定
  • 04年(1929)九州鉱業株式会社創立
  • 04年(1929)九州産業株式会社創立(九州産業鉄道株式会社より分離)
  • 05年(1930)昭和電灯株式会社設立(嘉穂電灯株式会社解散)
  • 08年(1933)九州産業株式会社セメント工場(現田川工場)起工
  • 08年(1933)産業セメント鉄道株式会社設立。麻生太吉、社長就任
    (九州産業鉄道株式会社と九州産業株式会社合併)
  • 08年(1933)麻生太吉逝去
  • 09年(1934)麻生太賀吉、株式会社麻生商店および産業セメント鉄道株式会社の社長に就任
  • 11年(1936)現田川工場火入れ、セメント製造開始
  • 11年(1936)麻生商事株式会社設立
  • 14年(1939)麻生塾開校

    〈第二次世界大戦始まる〉

  •  〈第二次世界大戦始まる〉
  • 16年(1941)商号を株式会社麻生商店から麻生鉱業株式会社に改称
  • 18年(1943)産業セメント鉄道株式会社鉄道部門を国鉄に譲渡
  • 20年(1945)嘉穂銀行、福岡銀行と合併

    〈終戦〉

  •  〈終戦〉
  • 26年(1951)太賀吉社長、九州電力株式会社会長に就任
  • 28年(1953)株式会社アラム設立
  • 29年(1954)産業セメント鉄道株式会社と麻生鉱業株式会社が合併、商号を麻生産業株式会社と改称
  • 30年(1955)飯塚病院本館(地下1階、地上3階)完成
  • 32年(1957)飯塚病院、医療法による総合病院の名称使用
  • 35年(1960)麻生コンクリート工業株式会社設立(福岡コンクリート工業株式会社の前身)
  • 36年(1961)麻生フオームクリート株式会社設立
  • 39年(1964)苅田工場、火入れ
  • 39年(1964)飯塚病院、救急病院に指定
  • 41年(1966)麻生産業株式会社より麻生セメント株式会社分離独立
  • 43年(1968)麻生石油販売株式会社設立
  • 43年(1968)麻生芳雄商事株式会社設立
  • 44年(1969)麻生興産株式会社設立
  • 45年(1970)株式会社筑豊電算センター設立(1987 麻生情報システム株式会社に社名変更)
  • 46年(1971)株式会社麻生地所設立
  • 48年(1973)麻生太賀吉社長、会長就任
  • 48年(1973)麻生太郎副社長、社長就任
  • 48年(1973)麻生創業百年記念式典挙行
  • 48年(1973)麻生飯塚ゴルフ倶楽部オープン
  • 49年(1974)第一回飯塚音楽祭を実施
  • 50年(1975)飯塚病院中央病棟建設落成
  • 50年(1975)麻生採石株式会社設立(1978 麻生鉱山株式会社に社名変更)
  • 53年(1978)麻生太郎社長、第27代日本青年会議所会頭に就任
  • 54年(1979)麻生泰社長就任
  • 55年(1980)麻生太賀吉会長逝去
  • 56年(1981)福岡本部開設
  • 57年(1982)飯塚病院救命救急センター竣工
  • 59年(1984)株式会社アソウ・テンポラリーセンター設立
    (1996 アソウ・ヒューマニーセンターに社名変更)
  • 61年(1986)麻生電子ビジネス専門学校第一回入学式
  • 62年(1987)泉北コンクリート株式会社設立
  • 62年(1987)麻生メディカルサービス株式会社設立
  • 62年(1987)九州ウィルソンラーニング株式会社設立
  • 平成
  • 01年(1989)飯塚病院、臨床研修指定病院に認定
  • 01年(1989)麻生医療福祉専門学校、介護福祉課程を新設
  • 01年(1989)九州システムアカデミー設立(2002 株式会社システムプラネットに社名変更)
  • 01年(1989)麻生教育サービス株式会社設立
  • 01年(1989)セレクト工業株式会社設立
  • 02年(1990)経営理念「WE DELIVER THE BEST」制定
  • 02年(1990)飯塚病院脳神経病センター開設
  • 03年(1991)西南コンクリート工業株式会社設立
  • 03年(1991)「深川大鵬水泥有限公司」設立
  • 04年(1992)飯塚病院漢方診療科開設
  • 05年(1993)セメント両工場で産業廃棄物処理の事業化が本格化
  • 07年(1995)麻生飯塚ゴルフ倶楽部新クラブハウス竣工、ニューコース完成(3コース体制に)
  • 07年(1995)株式会社アソウ・アルファ設立
  • 08年(1996)「上海聯合水泥有限公司」へ資本参加契約調印
  • 09年(1997)飯塚病院エネルギーセンター竣工
  • 10年(1998)百道浜福岡ソフトリサーチパークにAIビル竣工
  • 10年(1998)麻生グループ21世紀ビジョン発表「安心をカタチに 生きがいをデザインする ASOグループ」
  • 10年(1998)125周年記念式典挙行
  • 11年(1999)株式会社福利厚生倶楽部九州設立
  • 12年(2000)グループ経営開始
  • 12年(2000)麻生グループ21世紀ミッション発表「社会システム変革への貢献」
  • 12年(2000)株式会社アソウ・アカウンティングサービス設立
  • 13年(2001)麻生セメント株式会社が株式会社麻生に社名変更し、セメント事業を分社
  • 13年(2001)麻生セメント株式会社にラファージュ社資本参加
  • 14年(2002)株式会社アソウ・システムソリューション設立
  • 16年(2004)株式会社ユニバースクリエイト設立
  • 17年(2005)新グループ経営、本格稼動「スピーディな戦略的複眼経営」
  • 17年(2005)ソーワセメント販売株式会社設立
  • 18年(2006)コクラトレーディング株式会社設立
  • 18年(2006)日本ハートサポートネットワーク株式会社設立
  • 19年(2007)麻生メディカルサービス株式会社が株式会社ベターナーシングを吸収合併
  • 19年(2007)麻生介護サービス株式会社設立
  • 19年(2007)麻生レコードマネジメント株式会社設立
  • 21年(2009)株式会社麻生が麻生開発株式会社を吸収合併
  • 21年(2009)麻生商事株式会社が株式会社アソウレジコンを吸収合併
  • 22年(2010)麻生 泰社長、会長就任
  • 22年(2010)麻生 巌副社長、社長就任
  • 23年(2011)飯塚病院新棟建設工事着工
※協力提携法人・機関を含む