我々は、不動産のプロフェッショナルとして地域に貢献することを目指します。

麻生が保有する不動産のうち、北部九州を中心とした約81万坪の(土地・建物)を管理・運営・展開していく部門です。 この大きな財産から培った不動産事業をベースに外への展開(フロム福岡)を実現します。

開発事業部
開発事業部

140年を超える麻生グループの発展の中で、開発事業部は筑豊地区を中心とする麻生の遊休土地活用という使命をもって発足しました。発足後25年間筑豊地区の街づくりと麻生の発展に大きな役割を果たしている組織です。
今後は筑豊地区の発展をベースに、培ったサービス業のマンパワーのノウハウをもって国内外を問わず広く展開を図っていきます。

不動産業及び不動産開発業、スポーツ施設運営

小売業、その他サービス業など15事業の運営と35店舗のテナント管理

  • 売上高:事業部売上高 35億円(平成22年度)
  • 直営事業
    飯塚アイスパレス(アイススケート場)、スマッシュプラザ(オートテニス)、麻生塾スポーツガーデン(ゴルフ練習場・バッティングセンター・オートテニス)、麻生塾ボウル(ボーリング場)、 無印良品かやの森店、新飯塚ステーションホテル、サンエトワール新飯塚店(パン屋)、リストランテ・イタリアーノ、新飯塚パークプラザ(1500台有料駐車場)、セルフガソリンスタンド(セルフ柏の森、セルフ蒲生、セルフ仲原、セルフ寺迫口)等
  • 創造した街「かやの森」(年間160万人が集う街を創造)
    国道201号線沿いでアクセスが良く、衣食住など地域の日常生活に欠かせない店舗が建ち並び、オールシーズン集客可能な充実した街並みです。大型ショッピィングモールの箱型店舗には無い、各店舗共に明るい雰囲気の外観を持つ店舗群が立ち並びます。
今後の事業展開
  • 筑豊かやの森の更なる展開発展(新規直営サービス事業・テナント誘致)
  • 地域に拘らない筑豊を飛び出した地域でのサービス業の事業展開
不動産事業部
不動産事業部

私たちは140年を超える歴史の中で先輩から引き継いだ麻生が保有する社有不動産のうち約81万坪を任されて、維持管理・運営を行っています。また、この不動産を更に発展した形で未来へとつないでいく組織です。
今後は既存の不動産資産の管理・運営をベースに、新たな不動産事業の柱として、国内外を問わず安定した収益不動産の取得による資産保有・運営の展開を図っていきます。

不動産賃貸

当部署は麻生が保有する不動産のうち、北部九州および関東地域の不動産を利用した賃貸事業を行っています。賃貸事業形態としては、家屋・事務所・店舗等向けの一般土地賃貸借賃貸事業、店舗・事務所向けの事業用借地事業、マンション・ホテル・店舗・事務所用の建物賃貸借事業および駐車場運営事業を手がけております。

  • 賃貸契約数:約572件管理運営(住宅、店舗、土地、駐車場含む)※平成23年11月30日現在
不動産販売

20年をかけて安心安全な街「かやの森ヒルズ」を創り上げました。住みやすさ、暮らしやすさが実感できる街です。住む心地よさは「住宅」のみでは得られません、住宅環境やコミュニティを含めたトータルなものだと考えます。大型団地としてのインフラ整備、市内中心部に近い等の利便性だけでなく、安住地としての心地よい風格を備え、住まいに対する多様なニーズやライフスタイル、家族構成を包容するゆっくりと広くおおらかに暮らせる街です。

かやの森ヒルズホームページ

新規収益不動産の取得

新しいビジネスの開発に積極的に挑戦して、売上を管理する組織から売上を創造する組織へと変わっていこうとしています。その中で、不動産事業の新たな柱を創るべく長期に安定した収益を生む不動産の取得を行っております。
今後は海外での不動産投資事業の展開も積極的に取り組み、グローバルな事業展開を図っていきます。